So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

神大関係出場選手あれこれ [神大生個人話題]

2月は大学の冬休み期間であることから話題が少なくなりますが、メンテのためにアップします。

この期間中に活躍したスポーツ選手を中心にまとめます。


1.陸上競技部・鈴木健吾選手(経済学部4年)
先日の箱根駅伝では本来の調子が出ずに区間賞を逃し、またチームも5区のブレーキが響いて総合13位に沈んでしまいましたが、当人は2月25日(日)の東京マラソンにおいて招待選手として出場しました。
結果、日本人学生トップの19位でゴールしました。(タイム…2:10:21)
卒業後は社会人ランナーとして、来年正月のニューイヤー駅伝とかに出てもらいたいですね。


2.ベイスターズ・濵口遥大選手(卒業生)
昨年日本シリーズの出場を果たし、特別新人賞も受賞した方が、3月4日(日)に京セラドーム大阪で開催される侍ジャパン強化試合のオーストラリア戦に「侍ジャパン」に出場します。
今年もベイスターズの戦力になること期待します。


3.サッカー部・金子大毅選手(英語英文学科1年)
1年生ですが、J1リーグの湘南ベルマーレに入団し、2018年度から活躍することになりました。
この入団によりサッカー部は退団しますが、(学科は違うものの)SHCのお膝元チームでもあることから、地元に貢献すること望みます。


4.スピードスケート・齋藤仁美選手(卒業生)
2013年に人間科学部を卒業したスピードスケートの選手で、今回平昌オリンピックの日本代表に選ばれました。
ショートトラック1000mに出場、準々決勝まで進みましたが残念ながらここで敗退となりました。


5.スピードスケート・齋藤慧選手(人間科学部4年)
中の人にとって一番衝撃的だったのがこの方。
上述の弟で姉弟揃って平昌オリンピック日本代表に選ばれましたが、直前の抜き打ちドーピング検査で陽性反応が出たために失格となってしまいました。
ご本人は摂取しないように色々と注意しており、出発直前の検査では異常なしでもあったことから何らかの不慮の事態で摂取してしまったと思います。

大学側は今回の事態を受けて学長名義で緊急声明を出しております。(後述のURL参照)
卒業生も何らかの形でサポートできれば良いなと思いますが、何とも言えないもどかしさを感じております。
http://www.kanagawa-u.ac.jp/att/16453_00.pdf


他にもこの時期に様々な種目での活躍してきましたが、今回はこれまでとします。
(取り上げなかった方、ごめんなさい)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。