So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

吹奏楽部、今年も東関東へ [文化・学術系]

出典:朝日新聞14日付朝刊、横浜版

管理人は11日夜から記事投稿日まで不在でしたので投稿が遅くなりました。

12日日曜に、第67回神奈川県吹奏楽コンクールが川崎のスポーツ・文化総合センター「カルッツかわさき」であり、吹奏楽部が今年も出場しました。

結果、(安定の)金賞で東関東大会に駒を進めました。

今回は自由曲にドビュッシー作曲の「3つの公共的素描『海』より 風と海との対話」を演奏しました。
(因みに課題曲は「エレウシスの祭儀」でした)

部をまとめる打楽器担当の3年女子学生によると、譜面は簡単で音の数が少ない分、一音一音でイメージが変わるので表現が難しいとのこと。
「みんなにとって思い入れがある曲なので、しっかり演奏しないといけないという気持ちです。演奏を支えて下さっている周囲の方々への感謝も込めて、さらに精度の高い演奏ができるように頑張ります。」と話していました。

次回の東関東大会は9月23日(日)に、宇都宮市文化会館にて行われます。
nice!(0)  コメント(0) 

神大☆ムスメ1周年ライブ [神大生個人話題]

出典:神大☆ムスメツイッターアカウント(jindaimusume_ku)

最近中の人がツイッターでちょくちょく関連情報を呟いている、神大生アイドルユニット「神大☆ムスメ」が、結成1周年を記念した単独ライブを開くことがわかりました。

・日程:10月27日(土)
・時間:18:30開場、19:00開演
・場所:DESEO mini(渋谷)、詳細は後述の添付地図
・料金:前売り500円、当日1,000円(各+1ドリンク)



予約は次のURLより
https://goo.gl/forms/U6q8i9dKBAZ8udd22

※カテゴリは神大生個人話題にしました。
nice!(1)  コメント(0) 

みなとみらいキャンパスの概要等 [大学の動き]

出典:朝日新聞5月30日付朝刊「大学力」

2021年に開設予定のみなとみらいキャンパス(仮称)について、上記出典記事より大まかな概要が書かれていたので纏めます。

新キャンパスのコンセプト:「国際・日本」の融合した未来「創造・交流」キャンパス
→グローバルな賑わいの中で、知識の融合と世代間交流を生み出す拠点としての役割を担うようです。

このキャンパスで主となる新学部(2020年に六角橋で先行開設)のことも書かれていました。

・学部:「国際日本学部」
・学科:次の3学科を基礎として、世界的な視点に立って経済・文化活動や国際協力の場で活躍できる人材を育成する予定
 国際文化交流学科…外国語や国際交流を学ぶ
 →現行の外国語学部国際文化交流学科の新学部移行?
 日本文化学科…日本文化に重きを置いて学ぶ
 歴史民俗学科…歴史・民俗学を学ぶ
 →現在大学院でのみ展開している歴史民俗資料学研究科の学部版として展開か?

その他、今年度から新たな学園の目標を策定し、「真の実学」により教育の質を高め、グローバル社会の中で中核を担う人材育成を目指しています。
また、「キャンパス総合計画」として、教育・研究施設だけでなく、図書館・体育・スポーツ施設の充実も創立100周年までを目途に推進していきます。


この記事を見て、幾つか気になる点がありましたが、これらは少しずつ明るみになるのかなと思います。
・国際文化交流学科の学部変更後も学科祭はあるのか?
・そもそも湘南ひらつかキャンパスの今後はどうなってしまうのか?(2023年以降)
nice!(0)  コメント(0) 

SHC講義開始時間変更措置 [キャンパスの話題]

神大公式ツイッターを眺めていたところ、湘南ひらつかキャンパスの講義開始時間が期間限定で変更となることがわかりました。

・変更点
 1限目…9:10~10:50
 2限目…11:00~12:40
 いずれも本来の時刻より10分繰り下げ、3限目以降は変更なし
・適用日
 5月23日(水)~前期講義終了まで

上述の出典に書いてあった投稿から、もしかすると通学路線バスの講義開始時間に合わせた便が何らかの理由で結構遅れた結果、間に合わない学生が多く発生しているのかもしれません。

※カテゴリはSHC限定なので「キャンパスの話題」にしました。
nice!(0)  コメント(0) 

今年最初のヤミ市でラブライブパフォーマンス [サークル・同好会]

直近の投稿ですみません。
明日21日(土)、今年最初の六角橋商店街ドッキリヤミ市が開かれます。

その中で、「ラブライブ!研究会」なるラブライブ好きな神大生が集まったサークルの方々らが、このアニメのテーマソングなどのダンスパフォーマンスを行います。

日程:4月21日(土)
時間:20:45~21:00
場所:六角橋郵便局横

今年もヤミ市内で神大生が色々と活動されると思いますので、目が離せません。
nice!(0)  コメント(0) 

研究者と住民が防災・減災を議論 [研究・著作など]

出典:朝日新聞3月22日付朝刊・横浜版

昨日横浜キャンパスにおいて、県内を中心に防災や減災に取り組む研究会が、「かながわ人と智をつなぐ防災・減災ネットワーク」主催のもと行われました。

発表では、「災害時要援護者」(障がい者や高齢者など)が避難所運営を考えることの提案や、まちづくりの観点を含めた地域防災を話し合う雰囲気づくりの重要性などが提起されたようです。

この会合に参加した神奈川歯科大学の関係者は、「大学側の確かな技術を提供して災害対策に貢献することが重要」と話していました。

その他、行政や住民団体や企業などの活動報告をまとめた掲示・展示物などもあり、意見交換に活用されていました。
nice!(0)  コメント(0) 

アンサンブルコンテスト今回は銀賞 [文化・学術系]

出典:朝日新聞3月22日付朝刊・横浜版

昨日横須賀市のよこすか芸術劇場で開かれた第41回全日本アンサンブルコンテストにおいて、吹奏楽部はクラリネット3重奏として出場しました。

結果、今回は銀賞に甘んじました。
(金賞でなかったのは2013年の銅賞以来)

今回は尾崎一成作曲の「蛇儀礼」を演奏しました。
テンポが色々と変わったりする不協和音が連続する難しい曲でしたが、それでも3人の息が合った演奏でした。

演奏者の1年女子学生は、「美しいハーモニーになるように練習してきた。みんな納得がいく演奏ができた。」(記事引用)と話していました。


今回は惜しい結果でしたが、出場された方、お疲れ様でした。

nice!(1)  コメント(0) 

神大関係出場選手あれこれ [神大生個人話題]

2月は大学の冬休み期間であることから話題が少なくなりますが、メンテのためにアップします。

この期間中に活躍したスポーツ選手を中心にまとめます。


1.陸上競技部・鈴木健吾選手(経済学部4年)
先日の箱根駅伝では本来の調子が出ずに区間賞を逃し、またチームも5区のブレーキが響いて総合13位に沈んでしまいましたが、当人は2月25日(日)の東京マラソンにおいて招待選手として出場しました。
結果、日本人学生トップの19位でゴールしました。(タイム…2:10:21)
卒業後は社会人ランナーとして、来年正月のニューイヤー駅伝とかに出てもらいたいですね。


2.ベイスターズ・濵口遥大選手(卒業生)
昨年日本シリーズの出場を果たし、特別新人賞も受賞した方が、3月4日(日)に京セラドーム大阪で開催される侍ジャパン強化試合のオーストラリア戦に「侍ジャパン」に出場します。
今年もベイスターズの戦力になること期待します。


3.サッカー部・金子大毅選手(英語英文学科1年)
1年生ですが、J1リーグの湘南ベルマーレに入団し、2018年度から活躍することになりました。
この入団によりサッカー部は退団しますが、(学科は違うものの)SHCのお膝元チームでもあることから、地元に貢献すること望みます。


4.スピードスケート・齋藤仁美選手(卒業生)
2013年に人間科学部を卒業したスピードスケートの選手で、今回平昌オリンピックの日本代表に選ばれました。
ショートトラック1000mに出場、準々決勝まで進みましたが残念ながらここで敗退となりました。


5.スピードスケート・齋藤慧選手(人間科学部4年)
中の人にとって一番衝撃的だったのがこの方。
上述の弟で姉弟揃って平昌オリンピック日本代表に選ばれましたが、直前の抜き打ちドーピング検査で陽性反応が出たために失格となってしまいました。
ご本人は摂取しないように色々と注意しており、出発直前の検査では異常なしでもあったことから何らかの不慮の事態で摂取してしまったと思います。

大学側は今回の事態を受けて学長名義で緊急声明を出しております。(後述のURL参照)
卒業生も何らかの形でサポートできれば良いなと思いますが、何とも言えないもどかしさを感じております。
http://www.kanagawa-u.ac.jp/att/16453_00.pdf


他にもこの時期に様々な種目での活躍してきましたが、今回はこれまでとします。
(取り上げなかった方、ごめんなさい)
nice!(0)  コメント(0) 

アンサンブルコンテスト今年も全国へ [文化・学術系]

出典:朝日新聞朝刊28日付・横浜版

昨日千葉県君津市の市民文化ホールで第23回東日本アンサンブルコンテストが行われ、吹奏楽部も数グループ出場していました。

結果、クラリネット三重奏で金賞を受賞し全国大会に駒を進めました。
(その他、クラリネット四重奏が金賞)

次回は3月21日(水・祝)に横須賀市のよこすか芸術劇場で全国大会が行われます。
nice!(0)  コメント(0) 

全日本大学女子サッカー選手権大会準優勝 [体育会系]

1月14日(日)に東京の味の素フィールド西が丘で、第26回全日本大学女子サッカー選手権大会の決勝戦と3位決定戦が行われ、女子サッカー部は決勝で早稲田大学(以下:早大)と対戦しました(13:00より)。
2年前の準優勝の時(リンクはその時の記事)と同じカードとなった今回の決勝ですが、結果0-1で敗れ、今回も準優勝でした。

【試合概要】
前半20分に早大の中村みづき選手が先制。
後半はともに無得点で試合終了。

尚、相手の早稲田大学は3連覇となりました。

--------------------------------

【今大会これまでの戦績】
・2回戦(対愛知東邦大学):2-0で勝利
・準々決勝(対帝京平成大学):1-0で勝利
・準決勝(対大阪体育大学):延長戦2-1で勝利
・決勝(対早稲田大学):0-1で敗退

--------------------------------

2年前のリベンジを果たせなかったのが残念ですが、今回もお疲れさまでした。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -